2008年05月16日

分蜂情報

実家で飼っている日本みつばちが13日、今年初めて分蜂しました。
これはなかなかみごとな情景です。蜜蜂を飼っているひとにあたえられた醍醐味です。

飼育箱から滝のようにどんどん蜂がでだしたかとおもうと
あたり一面何万というはちたちが乱舞しどこに群れをつくろうかと
とまる場所をさがします。
その一部始終がおわるまで30分くらいでしょうか。

bunpo1.JPG
蜂が巣箱からではじめました。
分蜂のはじまりです。

bunpo2.JPG
30分後に灯篭の下におちつき固まりました。

通常雨の降った翌日、からりと晴れて日中気温があがった
11時から3時くらいのあいだにおこるそうです。

飛び出す蜂たちは女王蜜蜂にフェロモン液をしっかりつけられ
選ばれているそうです。おそるべき女王さま。

こうして留まった蜂群は箱に捕獲されてあらたに飼育をされるのですが
新たな環境をきらって逃げられてしまうこともあるようです。
posted by mana at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本みつばち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。